業界関連情報

21世紀の営業パーソンが生き残りを賭ける

大袈裟なタイトルですか?
いやいや現実の話です。
ここ近年、さまざまな業界の営業パーソンの数が減少しています。
いや、正しくは『淘汰されている』と表現した方がいいかもしれません。

誰に?

インターネットです。
このネットとやらが年々進化し、その辺の並の営業パーソンがやってきた仕事ぐらいなら、わざわざその営業パーソンを呼びつけて仕事を頼まなくても、クリックひとつで用が済んでしまう恐ろしい時代です。
その上、価格も安いときています。

従いまして、これまで営業パーソンがあたりまえの如く仕事としてきた『販売代理人』としての仕事、つまり自社取り扱い商品を売り込もうとする行為しかできない営業パーソンなど、もはや必要とされない時代なのです。

今からの時代、営業パーソンの敵は同業他社ではなく、インターネットなのです。だからと言って、このインターネットとやらにわたくしたち営業パーソンの役割を明け渡す訳にはいきません。


【営業パーソンとしての職を失わないために】
さらにはこの機会をチャンスと捉えれば、わたくしたち営業パーソンとしての付加価値を持って差別化し、一気に飛躍できる時代の幕開けでもあると信じています。

当然必要なのは、ネット如きに絶対追いつけるはずのない付加価値です。
この付加価値を『何で』示すのか?いくつかの方法論はあると思います。

わたくしは迷わず選択しました。

それは『プロの交渉術』です。
プロがマスターしている、つまり職業としている真の交渉術です。

そして、プロの交渉術をマスターする最大のメリットは、その交渉相手から「Yes」をゲットできる確率が飛躍的に上がるということです。

プロの交渉術と聞きますと、『ハイジャック犯人に対する説得術』『裁判における弁護士の弁護術』など非常に専門性の高い職業スキルで、一般の人たちにはまだまだ馴染みのないスキルかもしれません。しかし、当然『セールス現場における商談力』は、『上司と部下の関係』さらに『恋愛関係』や『親子関係』においても有用性の高いスキルになるのです。

あらゆる人間関係のあらゆるコミュニケーションシーンにおいて、その相手から「Yes」をゲットしたい瞬間そのものが、すべて交渉事ということになるのです。では、どうすればその相手から「Yes」をゲットできる確率が上がるのでしょうか?

世界13ヶ国で交渉術を伝え、わたくしの師匠でもあるクリスティーナ・ホール博士は、「あらゆる交渉事において、その交渉相手を負かそうとしたり説き伏せようする考えは不要である。」と教えてくれます。そして「真の交渉力とは、その交渉相手と良縁を結ぶ能力であるということを理解しなければ、交渉術は習得できない。」と強く訴えます。

わたくしは、あなたがこのプロの言葉をどのように受け止めるのか?非常に興味があります。


現代最強の営業力強化研修

【主催】 株式会社ホロスプランニング
【日時】 7月9日(水)
【場所】 東京オフィース
青山一丁目駅徒歩2分 南青山DFビル 5階
⇒お問合せ/資料請求はコチラ

●スケジュール概要(予定)
10:00−10:30 オリエンテーション
10:30−12:00 購買代理と商談の三原則
12:00−13:00 昼食
13:00−15:00 HPCとその実践的なスキル理解
16:00−17:30 リアルケース総合ロールプレイ
17:30−18:00 まとめと目標設定

あらかじめ設定したコースに、一名から参加いただけるのが公開コースです。企業内の実施と異なり、さまざまな企業の方と一緒に受講することで、様々な経験の共有や視野拡大も期待できるのが特徴です。

   ※製造業の企業価値向上に役立つモノづくり企業のための
       ポータルサイト『WA(ダブルエー)』
こちらから