業界関連情報

自社商品開発支援プロジェクト第1弾『パパちゃりを作ろう』 

イメージ画像 デザイナーと町工場のコラボレーション
デザイナーコンペの中で勝ち残った世の中にない プロダクトデザインを町工場が制作する画期的な取り組みです。

消費者の”あったらいいな”をカタチにするサイト 『My Design』でコンペを行い 人気投票の高かった『パパちゃり』の製品化を『WA』が応援します。

試作品の制作や部品加工、量産化まで、 ご協力いただける製造業社を募集しています。 完成した製品は、10月開催の『東京ビジネス・サミット2008』に出展し、販路の開拓までお手伝いさせていただきます。
イメージ画像

製造業社様のメリット

■ 消費者からのアイデア投稿と消費者による人気投票を経て、デザインコンペを勝ち抜いた商品を貴社のオリジナル製品として生産できます。

■ 人気商品アイデアの「試作品製作」や「量産」に取り組むことができ、御希望に応じて製造後の「販売」にも取り組む事ができます。 貴社にとって従来なかった新たな視点からの事業展開が可能となります。

■ 製品化までの段階では、開発製造費以外の費用は弊社が負担します。   
(例:展示会出展費など)

■ デザイン、アイデア料は、販売するまで発生しません。

■ 販路の手法もご提案させていただきます。

お問合せはこちら

製品アイデアのコンセプトと、コンペを勝ち残ったデザイン
イメージ画像自転車って、主婦向けや子供向けまたはスポーツ系のものがほとんどで、ビジネスマン仕様の ものがないですよね?「スーツ着て走っても、さまになる自転車」なんて、あったらいいなぁ。

【消費者の声】
■ 確かにかっこいいのが無いですよね。スーツでもキマるチャリ。欲しいです
■ ネクタイ締めてパリッ。で、駅までママチャリ。カゴが付いてるのは便利です。
けどアタッシュケースより大根が似合う感じで・・・

自転車という身近な乗り物でしたが、機能・構造的な制約から デザイン自由度の少ない素材でもありました。

そのような中、ユニークなデザインが応募されました。 最優秀デザインには、スーツで街を颯爽と走る軽快なイメージ、 小回りのきくサイズやアタッシュケース収納の簡易さなどの 機能面が高く評価された作品に決定されました。

イメージ画像 【デザイナーからのひとこと】
この自転車はフレーム中央部分に空間が設けてあり そこにバッグなどを入れることができるようになっています。 全体のデザインは、パワフルなビジネス自転車のイメージ、機動性や小回り・悪路への耐久性を考慮してBMXをベースとし、実用性を上げるためシート高やホイールベースの調整、変速機の追加を考えています。

また、BMXという規格化されているモデルがベースになっているのでユーザーが自信の好みに合わせてほぼすべてのパーツをカスタムするということも可能です。 これにより、ただの珍しいジャンルの自転車としてではなく広く受け入れられていくものになればと考えています。

My Designとは
あんなもの、こんなこと。マイデザインは、あなたの“あったらいいな”をカタチにするサイトです。 皆さんのアイデアと、登録デザイナー様のデザイン、 ご協力企業様の技術が合わさってできる商品は大ヒットの予感!

   ※製造業の企業価値向上に役立つモノづくり企業のための
       ポータルサイト『WA(ダブルエー)』
こちらから